先輩社員の声

報告・連絡・相談を心がけています

契約書スキャニング業務 篠 聡志

2014年入社

■入社までのエピソード
大学時代ボランティアをしていた介護施設へ就職し、デイサービス利用者の対応や、ベッドメイング等の仕事を担当していました。わからないことを、誰にどう聞いたらいいか?職場の人との関係、距離感がわからずやむなく、結果的に離職することになってしまいました。
その後、㈱Kaienで 報告・連絡・相談、職場で必要なコミュニケーションの方法を中心にした就労訓練をうけ、伝え方を学んだり困ったことがあったらスタッフに相談することができるようになりました。
ビジネススキルを色々と学んでいくなかで、定型的で安定した職場で働きたいと思い、事務職を目指すようになりました。
その後訓練の一環として職場体験実習を受け、大東コーポレートサービスに入社しました。
■仕事内容
大東建託の全国にある支店から届く請負契約書や、家賃引き落とし書類をプリンタでスキャンし、電子データ化を行って登録・保管する業務を担当しています。
お客様の大切な個人情報なので、ミスなく漏れなく対応することを心がけています。
新入社員に対しては教育も担当し、効率的に処理する方法をアドバイスしています。
■今後の目標
初めは不安でしたが、フルタイムでスタートしてよかったと思っています。
担当業務の効率化を目指し、日々の業務を頑張ります!

日々、技術向上に努めています!

看板製作業務 池野 文也

2011年入社

■入社までのエピソード
私は金融機関の人事部で3年勤め、人事データ管理をしていました。聴覚に障がいがあり、営業や接客のスキルアップが困難であるため、仕事のスキルアップができ、自ら成長できるような環境に変えたいと思い、転職を決意しました。
大東コーポレートサービスには、いろいろな種類の印刷業務があることに魅力を持ち、新たな挑戦でスキルアップができるチャンスだと思いました。また、様々な障がいのある方々が働いていることで、お互いに切磋琢磨し合い、成長できると思い、入社しました。
■仕事内容
現在は、シルクスクリーン印刷で入居者募集看板等、色々な種類の看板の印刷を担当しています。
注文から納期に間に合うように印刷予定を組み立て、業務をすすめています。
専門的な業務でしたので、最初は知識や技術を身につけるのに苦労しましたが、手話通訳のできる社員がサポートしてくれるため、業務内容を理解でき、安心して仕事をおこなっています。
■今後の目標
品質のよい看板をお客様に提供できるように、看板を作りあげることを第一とし、責任をもって仕事をしています。
そのために、日々技術向上に努め、ミス防止や時間短縮を図れるように常に工夫をしています。
現在製作している看板の他に、新たなアイデアで看板の種類を増やし、売り上げアップに貢献したいと思っています。
また、社員の方がたくさんの手話を覚えられるように、積極的に会話をし、今後聴覚に障がいのある方が入社しても、安心できるような職場を作り上げたいと思っています。

                 

わからないことは、確認してから行動!

メール室業務担当 丸山 臨太郎

2008年入社

■入社までのエピソード
特別支援学校3年生のときに、大東コーポレートサービスで職場体験実習をおこないました。案内状の封入、契約書の支店別仕分け、廃棄文書の回収・シュレッダーなどの業務をおこないました。
大量の廃棄文書をシュレッダー処理したときは楽しかったです。
指導員にいろいろ教えてもらい安心したので、この会社で働いてみたいと思いました。
■仕事内容
大東建託本社のある品川イーストワンタワーで、社内郵便物のデリバリーや郵便計器作業を担当しています。他部署へ訪問するときは、「失礼します」「お疲れ様です」と挨拶をしっかりするよう心がけています。
1日に行う業務は約10種類。
スケジュールどおりにいかないこと、わからないことがあったときは、上司に確認してから行動するようにしています。特に郵便計器は、種類や重さによって金額が異なるので、間違えないように気をつけています。
■今後の目標
休みの日は、月に2回、学校のバレーボールクラブに参加しています。
会社の長期休暇では、電車を乗り継いで色々な場所へ旅行に行きます。新幹線に乗り、大阪や広島の電車の写真を撮ることが楽しみです。
将来はグループホームで生活することも考えています。