2020/02/10

第18回東京障害者技能競技大会(東京アビリンピック)で社員2名が入賞!

2020年2月1日に開催された『第18回東京障害者技能競技大会(東京アビリンピック)』において、大東コーポレートサービス株式会社の社員2名参加し、それぞれ下記のとおり入賞しました。

 

<競技結果>
ホームページ競技:銅賞 酒匂 博之 / DTP競技:努力賞 竹澤 香菜子

 

アビリンピックは、障がいのある方々が日頃職場などで培った技能を競う大会です。障がいのある方々の職業能力の向上を図るとともに、企業や社会一般の人々からの理解と認識を深めてもらい、その雇用の促進を図ることを目的として開催されています。今年度の東京大会では、100名以上の職業技能を身に付けた選手たちが、14種目で全国大会出場を目指し競い合いました。

ホームページ競技:銅賞 酒匂博之(右)DTP競技:努力賞 竹澤 香菜子(左)

ホームページ競技では、基本的な技術力、アクセシビリティ、デザイン(芸術性)とユニークさ(独創性)を競います。DTP競技では、課題で示されたテーマに合ったポスターをあらかじめ用意された素材を使用し作成します。基本的技術のほか、企画力や創造力、データ処理能力に重点を置き、規定の条件に従いつつアイディアを盛り込み、効果的な作品(ポスター)を制作する技能を競います。

 

今回惜しくも全国大会出場は逃しましたが、来年の大会参加にむけ、今後も個々のスキル向上を目指していきます。

 

第18回 東京アビリンピックの入賞者について(東京都ホームページ)