SDGsの推進について

大東建託グループは事業活動を通してSDGsへ貢献することで新5ヵ年計画<令和・新成長プラン>「夢や将来を託すことができ、継続して成長できる企業」の達成を目指します。
これを達成するためには、従業員全員がSDGsを意識し、積極的に取り組むことが欠かせません。
大東コーポレートサービスも、大東建託グループの一員としてSDGsを推進していきます。

SDGsとは・・・

「Sustainable Development Goals」の略で、読み方は「エスディージーズ」です。
「持続可能な開発目標」として17の目標と169のターゲットで構成されています。
「この先の世界が今以上によくなるために、2030年までに世界の人全員で協力して解決したい目標」で、「地球上の誰ひとり取り残さない」ことを誓っています。

SDGsとは

大東コーポレートサービス×SDGs=Entrust a dream

~多様な可能性を認めあい、社員の一人ひとりが夢や将来を託すことのできる企業へ~

大東コーポレートサービスは、多様な人材・会社がともに成長することで、それぞれが得意な分野で最大効果・最大価値を生み出し、豊かさや生きがいを実感できる持続可能な社会の実現を目指しています。
企業姿勢として、「持続可能な開発目標(SDGs)」に対する取り組みと方向性を合わせ、これを実践していくことで、「誰一人取り残さない」持続可能なよりよい未来を創っていくことへつなげます。

大東コーポレートサービスのSDGsへの取組み

  • 特例子会社として多様な人材が活躍できるように、制度の構築を推進し働きやすい職場環境の構築と人材確保・獲得を目指します
  • SDGsを通じて事業を強化し、持続的な成長により未来へ続く企業を目指します
  • 新たな取り組みにチャレンジすることでビジネスチャンス拡大を目指します

発達障がい学生向け無料プログラミングスクールを開講

大学などの教育機関に通う発達障がい学生のための、エンジニア特化型プログラミングスクールを開講。企業の実務に直結した課題学習や実習受入など、発達障がいの学生の就労支援・雇用創出も目指しています。

東京都認証ソーシャルファーム事業へ参画

短時間や自宅でしか働くことができない方や、障がい者手帳を取得できない方など、様々な理由で障害者雇用率に該当しない、就労に困難を抱える方の雇用を積極的に促進していきます。

※東京都認証ソーシャルファームとは、自律的な経済活動の下、障害者、ひとり親の方、ひきこもりを経験された方など、就労に困難を抱える方を全従業員の20%以上雇用する社会的企業です。

職場見学・体験実習の受け入れ・講演活動

就労を目指す障がいのある方、障がい者を支援する方、多様性を学ぶ学生などの職場見学や体験実習の受入れ、講演活動をおこなっています。