アウトソーシングとは

アウトソーシングとは、社内業務の一部を外部に委託することです。

人材やサービスを外部から調達することで、多くの企業が抱える課題を解決できる可能性があります。

アウトソーシングする業務は、人事・総務・経理などのバックオフィス業務から、HP作成や営業活動など多岐にわたります。

特に、拠点以外でもできる【定型業務】をアウトソーシングすることで、社内の人材は、売上の拡大や企業成長に繋がる業務に注力することができます。

私たちの “強み”

大東コーポレートサービスは事務業務のプロフェッショナルです。

大東建託グループのバックオフィス業務を集約した経験と安定した経営基盤を元に高品質なサービスを提供いたします。

 

実績

大東建託グループのバックオフィス業務を集約し、業務工数56%削減を実現しました。​

さらに、業務フローの統一や改善を行い効率化を図りました。

 

 

PDFで開く

サービス一覧

定型業務から専門分野まで、幅広い業務の対応が可能です。

 

導入までの流れ

アウトソーシングを導入するまでには、お問合せいただいてから平均1~2か月かかります。

ご検討中の方はお気軽にご相談ください。

 

お問い合わせ

アウトソーシングに関するお問い合わせについてはこちら

大東コーポレートサービス株式会社 アウトソーシングお問合せ窓口

メール:bpo-dcs@kentaku.co.jp

※営業を目的としたお問い合わせはご遠慮ください